肉のワークショップ


生徒さんの声から始まったワークショップ。イタリアンというジャンルを超えて、どんな味付けでも楽しめるお肉の基礎講座全3回です。

コースではありません。お好きな回を受講可能です。

使うお肉はどこでも手に入る一般的なお肉ばかりです。キッチンに登場する頻度の高いお肉なのですが、お肉屋さんやスーパーなどで小さくカットされて売られているものほど臭いが出やすく、肉から水分が出やすい(またはすでに出てしまった)状態と言えます。常に最高の状態で手に入るわけではありませんから、その時に手に入ったお肉を、出来る限りおいしく食べるための調理をしましょう。それには臭みは消し、肉の水分の過不足を調整します。やることはこれだけです。

 

レッスンは、料理の説明をした後、講師が一度作りますのでメモを取りながらみて頂き、出来上がった料理をまずは召し上がっていただきます。その後、自分の分をご自身で作って頂きます。私は横におりタイミングや状態を指示いたしますので気軽にご参加ください。

 

 開催日を沢山設定できないため、臨時開催とさせていただいております。

集団調理ではありません。プライベートレッスンに近い状態で行います。

募集は各回とも最大2名までです。(2時間程度で終了します。)

 

ご興味ございましたら、まずはお問合せくださいませ。日程はHPに出ない場合もあります。メールのやり取りだけで決めてしまうことも多々あり、そのためもう設定日程に余裕がなくHPに掲載しないというパターンがこれまでにも多くありました。まずはお気軽にお問い合わせください。

  メニュー内容
第1回

『 鶏もも肉 皮のぱりぱり焼き』

『ぶたの切り落とし肉 臭み取って柔らかジューシー』

※鶏モモ肉の皮をレストランで食べるようなパリパリの状態に、身はふっくらジューシーに仕上げます。味付けの幅が広いのでジャンル問わず使えます。小麦粉などは使用しません。

※豚の切り落とし肉は安価で便利。臭みを取り除いてシンプルな味付けでおいしく食べられます。大事なのは水。

第2回

『ひき肉 ハンバーグ』

『ぶたのロース  生姜焼き 』

※仕上がりが固くなりやすいハンバーグと生姜焼き。ともに柔らかく仕上がるように作ります。冷めても美味しいハンバーグ(煮込みではありません)とショウガが活きた生姜焼き。

第3回

『 鶏むね肉 柔らかく食べる方法①② 』

※鶏むね肉は安価で高たんぱく。パサついてしまいがちな部位ですが、ふんわりとジューシーに食べることが出来ます。鶏むね肉を2種類の調理法で作ります。

●お申し込み方法:直接お申し込みください。

1名様からお申し込み頂けますが、2名様でお申し込み頂けますと、開催日時を応相談で決めることが出来ます。

●料金:一人5,300円

●所要時間:2時間程度

●定員:原則2名

●開催最少人数:基本的に2名

お友達同士であれば最大4名まで受付可。人数が2名を越えた場合は所要時間は多少延びますのでご注意ください。

●持ち物:エプロン、ハンドタオル、ボールペン